あそびキャンプ2020 講師紹介~第1回~丸谷聡子先生(10/25担当)

あそびキャンプ2020 講師紹介~第1回~丸谷聡子先生(10/25担当)

今回の『あそびキャンプ2020』にお越しいただく講師の皆さまを順番にご紹介していきたいと思います。

まずは、いつもcasaそらの活動をカゲにヒナタに支えてくれている「まるちゃん」こと丸谷聡子さん。

いつもニコニコ、子どもたちに大人気の「まるちゃん」ですが、
実は・・・ 
・環境教育コーディネーター
・日本環境教育学会 副会長
・日本野鳥の会ひょうご 副代表
という肩書をもつ、鳥や環境の専門家なのです!

2018年にcasaそらで開催した『どんぐり笛づくりワークショップ』で講師をしてもらったときも、鳥や自然に詳しいまるちゃんの周りには、いつの間にか人だかりができていて、
「このどんぐりなんていう種類?」
「虫入りどんぐり見つけた~!まるちゃん、これレア?」
「この鳴き声は何という鳥ですかね?」
と大人も子どもも質問攻めでした!

何を聞かれても、すべて答えられる知識の豊富さにビックリしたのと同時に、ひとつひとつの質問にとても丁寧に答えていく丸谷さんの姿を見て、明石の未来に希望の光が見えました。(実はまるちゃん、明石の市議さんでもあります。明石の自然や子どもたちを守るため、日々頑張ってくれています)

今回のあそびキャンプでは、鳥や環境の専門家「まるちゃん」と一緒に、近くのため池や公園で鳥の観察もする予定です。

また、急きょ、まるちゃんが「師匠」と慕う「山田先生」も、飯盒炊爨の指導に来ていただけることになりました!
丸谷さんが自然あそびに目覚めるきっかけをくれた、とても素敵な方だそうです。皆さまお楽しみに!

【ちょっと小話】
先日、まるちゃんとcasaそらの愛ちゃんとで、飯盒炊爨で使う『コウノトリ育むお米』を買いに、はるばる豊岡まで行って来てくれました!
コウノトリ米が植えられている田んぼにいると、奇跡的にコウノトリが飛んできたそうですよ~。まさにミラクルです。

飯盒で炊いた「コウノトリ米」の美味しさは格別です。楽しみですね~(^-^)

次回は、われらが「愛ちゃん」こと中野愛子さんをご紹介します。

top top